転職

【体験談】3年未満退職の第二新卒で転職を実際に成功させた話

第二新卒で転職しようか悩んでる

第二新卒での転職って実際厳しい?

実際の第二新卒での転職の体験談が知りたい

悩む人

今回は、こんな方に向けた記事を書きます。

  

この記事でわかること

  • 実際に第二新卒で転職した人の体験談
  • 転職をする際のコツ
  • 第二新卒での転職ってタイミング良いの?

当サイトでは、20代の方に向けた「自己研鑽」に関する記事を多く投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると幸いです。

  

 

第二新卒におすすめ

実際に第二新卒での転職活動は厳しいのか?体験談込みで説明

結論、第二新卒での転職活動は通常よりもしやすいと考えています。

私自身、「いわゆる昔気質の大企業」→「成長中のベンチャー企業」への転職を第二新卒という枠で成功しました。

この記事を書く前にもネット上でリサーチもしましたが、やはり「第二新卒は有利」と言う声が多いようです。

  

そもそも第二新卒とは

そもそも第二新卒という言葉の定義から確認してみます。

一般的には「新卒で入社して3年未満の求職者」を指すことが多いようですが、辞書などで調べてもその解釈はさまざま。

年齢で言えば、4年制大学卒業から考えると25~26歳ぐらいまでになりますが、第二新卒を募集する企業によっても定義が異なるため一概には言えません。マイナビ転職上では、学校を卒業後3年以内の人材を指しています。

マイナビ転職(https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/nisotsu/)

つまり、一般的には4年生大学を卒業した人を例に考えると、25~26才くらいがイメージですかね。

 

体感ベース、第二新卒での転職はむしろ有利なのでは?

先程も「第二新卒の転職活動は有利なのでは?」と書きましたが、それについての根拠を書いていきます。

 

①基本的なビジネススキルやマナーがある

全くの社会未経験の学生と比較すると、最低限のビジネスマナーやスキルがあります。

挨拶をする、敬語を使う、遅刻をしない。など。

どれも人として当たり前のことではありますが、学生を面接して見抜くよりも、社会人の経験が1~3年程度はあるというのが相手側にも安心感を与えてくれます。

 

②スキルよりもポテンシャルをみてくれる

入社3年未満では、仕事の成果もそこまで大したものではないと企業側もわかっています。

なので、そちらかというと転職の理由や今後の頑張りや目標など、ポテンシャルを中心にみてくれます。

 

③転職の際に注視すべき点を理解している

第二新卒での転職は、3年未満の退職ということになります。

どちらかというとネガティブにみられるでしょう。「新卒での転職活動時にそこまで見抜けなかったのか、自己分析が足りなかったのか。」などなど。

 

でも今回はもう一度新卒の会社で失敗しているわけですから。

 

仕事に対する向き不向きや、何を重視すべきか、何を確認すべきか、自分が何をしたいかなどはある程度把握しているはずです。

なので、全くの新卒を採用するよりも、離職リスクは企業側からも少なく感じると思います。

④新卒は有名企業がやっぱり人気で人手不足の企業あり

私自身もそうでしたが、新卒では「有名企業に行きたい!」という人が圧倒的に多いです。

 

となると、「新卒で優秀な人材を確保しきれなかった人手不足の優良企業」は確実にたくさんあります。

思ってる以上に新卒採用のコストは半端ないですからね。

実際の第二新卒で転職をした時の体験談

ここからは実際に私が第二新卒枠で、転職を成功させた時の体験談について詳しく書いていきます。

私は実際に前にいた会社を3年弱働いて、転職を決意しました。

 

転職を決意した理由

決意した理由は主に3つあります。

この辺りはしっかり転職活動をする前に明確にしておくと良いでしょう。

 

①このまま働いていて変化の激しい時代についていけるのか?

上述の通り、前職はいわゆる昔気質の営業会社でした。

なので、どうしても使用しているツールが古臭かったり、営業手法そのものが昔ながらのものでした。

また、大企業ゆえに色々なことが完全にマニュアル化されており、工夫の余地もなかなか少ない状況でした。

 

上の言うことは絶対という文化だったので、もっと自分の意見を柔軟に発信できる環境に飛び込みたいと思ったのが一つ目の理由です。

②もっと顧客本意の営業がしたい

どうしてもお客様のためを思って営業活動をしている人よりも、自分の成績やお金・ボーナスのために仕事をしている人がかなり多い印象でした。

 

その中でどうしても自分はお金や自分の成績だけにモチベーションを見いだせなくなっていました。

 

③副業とかもっとIT系のスキルを身につけたい

1つ目の転職理由と近いですが、副業禁止の会社でした。

もっと仕事の時間以外も副業に勤しんだり、趣味でお金を稼ぐ経験をもっともっとしたい。

 

仕事以外の時間も全力投球で生活したい。

そう思ったのが最後の3つ目の理由になります。

 

実際の転職活動は6ヶ月ほどかかった

実際に転職活動を始めてから内定承諾まで6ヶ月ほどかかりました。

というと、「やはり第二新卒での転職活動は厳しいのか?」と思われるかもしれません。

 

ですが実際には、私が初めての転職にビビりすぎて、内定が出ても本当にここで良いのか?と内定承諾する勇気が出なかったからです。

最初に内定をいただいた会社は転職活動1ヶ月目でした。

 

内定が出ると、今の会社の魅力に気づく

内定が出ると、今の仕事の魅力を再認識するケースもあります。

私も最初の一社の内定が出た時はそれで内定辞退をしました。

  

「今の会社、やっぱり人は優しいしな、給料も悪くないし、休みもしっかりあるしな…」などと思い、どうしても現状維持バイアスがかかってしまいました。

 

そのままダラダラと転職活動をしていたので、6ヶ月ほどかかりました。

最終的には、「やっぱりこのままではだめだ。勇気を出して新しい環境に飛び込まなきゃ変われない」

 

そう自分を言い聞かして、本腰を入れて転職活動をし直し、ご縁のあった会社に入社しました。

第二新卒だったからこそ、良い企業に内定をいただけた

結論、第二新卒と言う立場でなかったら今の会社には入れなかったなと感じています。

 

第二新卒だったからこそ

  • 新卒の時点では入ることができなかったぐらいに優秀な人が多い
  • 第二新卒でのポテンシャル採用(スキル面では不足していた)

働き方や給料、働きがいなどに満足がいくのはもちろんですが

それ以上に現状の自分のスキルが不足した状態でも内定をいただけたのは

第二新卒枠で今後の成長余地、ポテンシャルをみて採用してくださったと感じています。

第二新卒で転職して年収や福利厚生はどうなった?

第二新卒での転職では現職よりグレードを下げないと無理なのかな」

と気にされている人も多いかもしれませんが、私はこの福利厚生の部分も前職と全く遜色なのない企業に入社ができました。

給料面も前職とほぼ変わらない水準です。

これに関しては「第二新卒だから」と言うよりも、会社によりけりの一言だと思います。

第二新卒での転職を成功させるコツや気をつけたこと

ここからは実際に第二新卒での転職を成功させるコツや、気をつけたいことについて書いていきます。

 

転職理由をとにかく深堀り、明確にする

一番大事なのはここ。

何故転職をしたいのか。」

ここをとにかく深堀りましょう。

これが明確でないと、転職しても思ってたような環境の改善ができず、同じようにすぐに転職をしてしまう可能性もあります。

  

「現状の何が嫌で、何を変えたいから転職をするのか」

自己分析を徹底する

上記の転職理由に被りますが、新卒で入った会社である程度働いた結果、「働くとはどう言うことか?」と言うのはある程度わかってきたと思います。

 

その中で、「自分は本当に何がしたいのか?」これをしっかりと言語化し、面接でも話せるようになりましょう。

仕事での成果に対するロジックを明確にする

現職で成果が出ている出ていないにしても、何故そのような結果になっているのかをしっかり言語化して説明できるようにしました。

 

第二新卒がポテンシャル採用とはいえども、絶対的に営業職などであれば成果は聞かれます。

 

成果が出ていないのであれば、それは何故なのか。

成果が出ているのであれば、それは何故なのか。

前職の悪口やネガティブな発言は絶対に言わない

転職を考えているわけなので、「不満がある」のは確かでしょう。

でも、前職に対する悪口やネガティブな点は一番印象が悪くなるのでやめておきましょう。

もちろん、犯罪レベルのパワハラやいじめ、給与不払い等の極端なケースは別だと思いますが…

第二新卒での転職はどうすれば良い?

結論から言うと、私は個人の転職エージェントを利用して転職をしました。

  

大手エージェント経由での転職活動(内定2社)

個人エージェント経由での転職活動(内定2社)

企業のHPから直接応募での転職活動(内定1社)

と言う結果になりました。

やはり最初の転職活動なので、まずは市場動向を知る意味や、自分自身の市場価値を知る意味も含めて、大手のエージェントに登録し、相談することをお勧めします。

 

第二新卒は転職をするタイミングとしては最高

最後になりますが、第二新卒というタイミングは転職をするタイミングとしては最高だと思ってます。

まだ年齢的に若いこともあり、失敗はいくらでもやり直せます。

  

もし転職を第二新卒で悩まれている方がいるのであれば、「なぜ転職したいのか」などの自己分析を徹底して、ぜひ転職活動をお勧めします。

転職に悩まれている方の参考になれば幸いです。

  

\30秒で登録完了/

第二新卒エージェントneoへの無料登録はこちらから

※サービス利用料はもちろん完全無料

  

   

実際に個人の転職エージェントに関しては、『【経験談】転職で個人エージェントを利用するメリットとデメリット』で紹介もしているので、興味がある方はそちらも読んでみてください。

-転職
-, ,