転職

働きながら転職が辛い!無理!という人に知って欲しいメリットとやり方

働きながら転職が辛すぎる…

やることいっぱい過ぎて挫けそう…

悩む人

今回はこんな方に向けた記事を書きます。

 

転職活動お疲れ様です。働きながらの転職活動って本当に大変ですよね。

私も働きながらの転職を経験しており、「もういっそのこと今の会社辞めて転職活動に専念しようかな…」と思っていました。

 

ですが待ってください。働きながらの転職活動はメリットが大き過ぎます。

無理をしない程度で、この記事を読みつつ、もう少しだけ、もう少しだけ「働きながらの転職活動」を頑張ってみましょう。

この記事でわかること

  • 働きながらの転職が辛いと思う理由
  • 働きながら転職をするメリット
  • 働きながら転職をするデメリット
  • 働きながらの転職がおすすめの理由
  • 転職を成功させるコツ
  • おすすめのエージェント

当サイトでは、20代の方に向けた「自己研鑽」に関する記事を多く投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると幸いです。

働きながらの転職が辛い、時間がないと思う理由

「働きながらの転職がおすすめなのでもう少し頑張りましょう!」というのが結論ですが。

   

ですが、私の実体験や他の人の意見も含め、働きながらの転職活動が辛い理由について見ていきましょう。

働きながらの転職が辛い理由

  1. プライベートの時間がなくなる
  2. 面接などのスケジュール調整が大変
  3. 現職の人にバレる可能性がある
  4. 今の仕事に身が入らなくなる

一つずつ見ていきましょう。

①プライベートの時間がなくなる

転職活動ではやることがたくさんあります。

簡単に書いても下記の通り。

  • 転職エージェントへの登録・相談
  • 転職活動の準備(自己分析、企業分析)
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 求人に応募する
  • 面接対策
  • 面接から内定まで
  • 退職関係の手続き

仕事終わってから自分のキャリアについて考えたり、求人票を見たりする時間をしっかりと確保する必要があります。

今の仕事を辞めたい理由が「残業時間」などのケースにはより一層大変ですね。

 

②面接などのスケジュール調整が大変

面接はやはり一般的には平日の日中に行われるケースが多いです。

となると、どうしても働きながらだと時間が取れない人も多いでしょう。

 

マイナビ転職によると、転職活動で応募社数の平均は8.4社。

1社だけならまだしも、複数の会社の面接のスケジュール調整を働きながら行うのはかなり厳しいというのは想像に難くないでしょう。

③現職の人にバレる可能性がある

前述の通り、転職活動では、どうしても有給を使って面接を行ったり、平日の日中に対応をする必要が出てくる場合もあります。

 

現職の人にどうしても「転職活動中なのがバレたくない!」という人は、それ相応の工夫が必要です。

  • 会社の端末で転職活動を行わない
  • 職場での態度などを変えない
  • 有給休暇は事前に取っておく

当たり前ではありますが、上記のような工夫が必要です。

ちなみに私が転職活動を行なっている際には、前もって取っておいた有給の日に面接を3~4個ほど詰め込むという工夫を行っていました。

今の仕事に身が入らなくなる

転職活動を行い、「絶対に今の会社をやめる!」と決めたとすると、今の現職でのモチベーションが下がってしまいます。

私もどうしても毎日の数字を達成するためのモチベーションをコントロールするのに苦労しました。

 

急に仕事に力を抜いてしまうと他人に迷惑をかけることにもなります。

その上、この人転職活動をしているんではないだろうか?とバレてしまう可能性もあります。

 

働きながら転職は辛いけどメリットが大きすぎる

前述の通り、働きながらの転職は辛いです。確かに辛いですが、メリットが大き過ぎます。

ここでは、働きながらの転職のメリットについてお話しします。

働きながら転職をするメリット

  1. 企業側からの安心感がある
  2. 有休消化期間が楽しすぎる
  3. 納得いくまで転職活動ができる

一つずつ見ていきましょう。

①企業側からの安心感がある

なんといっても企業側からの印象が良くなります。

「何故、転職先が決まる前に退職したのですか?」という質問に困ってしまうようであれば、働きながらの方が良いでしょう。

特別な事情があった場合を除き、

「後先考えず行動する人なのかも」「忍耐力がない人なのかな」という印象を持たれてしまう可能性があります。

②有休消化期間が楽しすぎる

一番のメリットはこれだと思ってます。

しっかりと転職先を決めてから退職をすれば、なんの気兼ねなく有給期間を楽しめます。

私は1ヶ月半ほど有休消化+入社日まで時間があったので、思う存分楽しむことができました。

 

正直、転職の合間でしかこんな休みを取ることは難しいので、かなり良い経験になるでしょう。

③納得いくまで転職活動ができる

転職活動を始めても、思い通りに進むとは限りません。

希望の求人で落ちてしまうこともありますし、そもそも希望の求人が見つからない可能性も。

私もありましたが、転職をしている中で「今の会社にもうちょっと留まろうかな」と思うこともありました。

 

そうなった際には、転職活動を中断すれば良いだけなので、全くリスクがありません。

変な金銭的な理由などで、妥協をする必要がなくなるのも、転職を成功させるためには大事です。

退職してから転職活動をするのは危険!デメリットあり

ここからは、退職してからの転職活動は危険という話をしていきます。

退職してからのデメリット

  • キャリアにブランクが発生する可能性がある
  • 転職先の判断を誤ってしまう可能性がある
  • 収入面の不安が尽きない

こちらも具体的に一つずつ見ていきましょう。

キャリアにブランクが発生する可能性がある

先ほども書きましたが、転職活動が順風満帆に行けば問題ないですが、そうとは限りません。

もし、転職先が見つからなかった場合、ブランクが発生してしまいます。

精神的にも働き始めるのが面倒になってしまったり、企業からもブランクのせいでより転職活動が難航してしまう場合もあります。

 

特に転職活動が初めての人は、どれくらいのスケジュール感を把握できていない人もいるでしょう。

最大限リスクを抑えるためにも、ブランクは作らないようにしましょう。

転職先の判断を誤ってしまう可能性がある

転職活動がうまくいかないと、かなり精神的に消耗します。

そうなると、「もう雇ってくれるところならどこでも…」と投げやりになりかねません。

 

結局転職しても現状と状況は変わらず、何も解決しないまま再度転職活動をしてしまうことにも。

そうなると、また職務経歴書に短期離職が残ってしまいます。

収入面の不安が尽きない

一番はこれでしょう。私は就職先が決まってから退職をしました。

それでも入社日までの間にどんどん貯金がなくなって行くのは精神的に大変でした。

 

それが、次の収入源が見つかっていないとなると、計り知れないストレスが発生します。

これに関しては想像以上に辛いことになるので、辞めるにしても最低半年程度は食べていけるくらいの貯金を用意しておきましょう。

働きながら辛い転職活動を成功させるコツ

ここからは私が実際に行なっていた、「働きながらでも転職活動を成功させるコツ」について書いていきます。

具体的には下記の通りです。

働きながらでも成功させるコツ

  1. 時間をしっかりと確保しておくこと
  2. まとまった期間で短期間勝負を目指す
  3. オンライン面接をうまく活用する
  4. 転職エージェントをうまく活用する

一つずつ見ていきます。

①時間をしっかりと確保しておくこと

当たり前ですが、しっかりと時間を確保することを意識しましょう。

求人先によっては、もう先に内定者が出て募集を締め切りなんていうパターンもあります。

 

急げば良いわけではないですが、締め切りがある企業がほとんどなので、スケジュール管理も大切です。

 

計画的に有給を取得したり、定時退社を心がける、ダラダラと過ごさないなどの心構えをしておきましょう。

自分の会社の繁忙期などがあったり、立て込んでいる場合には無理をせずに、時期をずらすことも検討してみると良いです。

②まとまった期間で短期間勝負を目指す

働きながらの転職は前述した通り、体力的にも精神的にも大変です。

なるべく早く終わらせることを心がけて、短期集中で頑張りましょう。

○月までには必ず転職する!などの目標を設定するのも良いです。

 

私は転職活動に半年ほどかかりましたが、途中では中だるみをしてしまったり、全く転職活動をしない時期もありました。

でも頭の片隅には転職のことがあるので、かなりストレスを感じていたので、短期集中で行えば良かったと後悔しています。

③オンライン面接をうまく活用する

昨今のご時世的にも、最終面接までもがオンライン上で行うという企業も少なくありません。

在宅勤務を現状行っている人であれば、定時で退社することで、平日の夜でも2つほど面接ができる場合もあるでしょう。

 

私は定期的に在宅勤務があったので、お昼の時間をずらして面接を受けたりもしていました。

④転職エージェントをうまく活用する

転職で一番大変なのはスケジュール管理と日程調整です。

 

企業側と何度もやりとりをして日程を決めるのは容易ではありません。

それが1社なら良いですが、10社近く応募する場合にはかなりの労力です。

そこで、役立つのが転職エージェントです。

エージェントを利用するメリット

  • 完全無料で利用できる
  • キャリアのプロに相談ができる
  • 日程調整や内定交渉など全て行ってくれる
  • 書類対策や面接対策ももちろんしてくれる
  • 非公開求人などにも応募できる
  • 転職について0から知ることができる

しかし、エージェントの担当者や、エージェント毎に強みや弱みがあるのも事実。

なのでまずは複数のエージェントに登録して、相談するのが一番安全です。

第二新卒におすすめ

働きながらの転職活動を成功させるためには早く行動しよう

ここまで書いてきたように、働きながらの転職は、正直かなりしんどいです。

ですが、メリットが大きすぎるので働きながらの転職がおすすめというのが結論です。

 

転職活動自体は最低でも3ヶ月ほどはかかると見込んで、しっかりと事前に準備を行いましょう。

まずは、転職エージェントに登録をして、キャリアのプロに無料で相談をしてみるのがおすすめです。

マジマ

当サイトでは、20代サラリーマンに向けた記事を多く書いてるので、良かったら他の記事も読んでみてください!

-転職
-, , ,